オイルサーディン

材料 オイルサーディンの缶詰 玉ねぎ ポン酢 
作り方 私は酒が好きである。とっても愛している。
私にとっての酒は世の中を生きる上での糧であり、
動機付けなのだ。そして、
困難な事や辛い事に取り組んでいる時の、
常に最終目的になっていると言っても過言ではなかろう。
これをやり遂げればキューッと一杯出来るぞと
常に自分に言い聞かせているのだ。
すると、困難は困難でなくなるのである。
勇気が湧くのである。自信がみなぎるのである。
計り知れない活力が生まれるのである。

・・・なんて単純。

そんな私が愛飲するのはウイスキーの炭酸割り、
いわゆるハイボールと言うやつだ。
ところで、ハイボールにするウイスキーは安酒に限る、
と言うのが私の持論である。
何故かグレードの高い銘柄は、
炭酸で割ってもうまくないのである。
4リットルのペットボトルに入れられて
特売されているようなヤツほど、
炭酸で割ると涙ぐむほどうまいのだ。
しかしながら私は、
ちょっとしたことを成し遂げた後、
うれしい事があった時などには、少し贅沢をする。
ちょっと寝かされたワイルドターキーなどの
バーボンをハイボールにして、
一人喜びに浸りながら、真夜中にチビチビやるのだ。
これがまた格別である。

・・・実に小市民的。

少々前置きが長くなったが、
ここで何を言いたいのかと言うと、
オイルサーディンである。
オイルサーディンとは鰯の油漬けの事であって、
スーパーなどではこの缶詰を、
1缶200円位から揃えている。
栄養価も高く、とても庶民的な食品であるのだが、
これを肴にハイボールをグッとやるのが、
これがまたなんと言うか、至福の喜びなのだ。
そればかりか、惣菜のひと品にも十二分に成り得る。
そんなオイルサーディンのレシピをここでひとつ。
と、言ってもこれは、自分のオリジナルではなく、
比較的スタンダードな調理法であるので、
ここはご存じなかったご同輩向けに、と言う事で。

話は簡単。
缶詰のふたを開けたら
中のオイルを1/3程残して捨てる。
そこへ薄く切った玉ねぎをタップリと入れ、
コンロの上に焼き網を置いて、缶のまま載せるのだ。
そして油がはねない様にアルミ箔で蓋をして、
弱火でクツクツと蒸し焼きにするのである。

火災に注意!

鰯にバッチリ熱が通ったところで、
火からおろしてポン酢をかける。
何とこれだけで簡単に、
あなたにも至福の喜びが味わえるという訳。
是非お試しを。
戻る
戻る
トップ
ホーム