横須賀と軍港クルーズ

(海の散歩編)

2008年11月




京急汐入駅前  京浜急行の汐入駅には、改札口は1か所だけしかありません。これを抜けて右方向へ進むと、駅前ロータリーがありました。
京急汐入駅前


 そしてすぐに見えてくる大きな歩道橋を渡ります。 駅前歩道橋
駅前歩道橋


国道を越える  歩道橋の下を走るのは国道16号線。歩道橋で国道を越えて、海の方向に向かって歩いて行きましょう。
国道を越える


 間もなく横須賀本港に到着。そして今日のお目当てのひとつ、横須賀軍港めぐりの発着所もすぐに見つかりました。この企画を運営しているのは、近くに浮かぶ島猿島行きの船も運航させている(株)トライアングルで、取材日現在、11時から14時まで1時間おきに計4回毎日運航されています。 YOKOSUKA軍港めぐり桟橋
YOKOSUKA軍港めぐり 桟橋



軍港クルーズ券売所  ホットドッグでも売っているのかと思ったら、軍港めぐりの券売所でした。1周約45分間、運賃おとな1,200円は破格です!

 今日は平日。3連休明けと言う事もあってか客数もそれほど多くなく、すぐに乗船する事が出来ました。しかし混み合いそうな時は、オフィシャルサイトで前日までにネット予約をしてから出掛けるのが良さそうです。
軍港クルーズ券売所



 午前11時ジャスト、海の散歩へ出発の時間です。乗船したら迷わず見晴らしの良い屋上のデッキへ。

 クルージング中、軍港内に停泊する船舶などの解説は乗船スタッフが艦内放送でしてくれます。私はこちらの分野にはあまり明るくないので、以降はこの艦内での解説を交えて記してゆく事にします。
さあ出発!
11時ジャスト、さあ出航!







海上自衛隊の潜水艦
海上自衛隊の潜水艦


 横須賀軍港めぐりとはその名の通り、横須賀港周辺に存在する海上自衛隊やアメリカ海軍の軍事施設の中をクルージングするもので、この9月(平成20年)からは定期便として既述の通り毎日運航されるようになりました。通常では入って行くことの出来ない区域なので、その意味ではとても貴重な体験と言えます。

 出航するとすぐ、潜水艦が2隻並んで見えて来ました。ここは海上自衛隊の潜水艦基地。ふつう艦船にはナンバーが記されていますが、これら潜水艦には何も表記されていません。「海の忍者」潜水艦は実体を分り難くさせるため、船体にナンバーが記されていないのです。







支援船APL40
支援船APL40


 次に見えてきたのは米海軍の支援船APL40。これは宿泊船で、米軍艦船の乗組員等が宿泊できる船です。  ・・・・と言うことは、この辺りは米軍施設?  そう、アメリカ海軍第7艦隊の横須賀基地です。基地内には2万人を遥かに超えるアメリカ人が暮らし、ドルが通貨として流通し、いわゆる日米地位協定によってここでの米軍は米国の法で守られるという、まさに「リトルアメリカ」です。







イージス艦  米海軍のイージス艦が停泊しています。イージス艦とは、対空戦闘能力やその他に優れたイージスシステムを搭載した艦船。
イージス艦


 イージス艦の見分け方は、船体に確認できるこの八角形の模様。フェーズド・アレイレーダーと呼ばれる、首を振らずに索敵できる高性能のレーダーです。 イージスレーダー
イージスレーダー







原子力潜水艦
原子力潜水艦発見


 半身を水面下に隠した黒い大きなクジラの様な物体が、不気味に上半身を覗かせています。これは米海軍の原子力潜水艦。船体は今さっき見てきた自衛隊の通常型潜水艦よりも、ふた回りくらい大きめの感じです。







12号バース
12号バース


 こちらは米海軍空母専用の埠頭、12号バース。第7艦隊の原子力空母、全長333mのジョージワシントンもここに停泊しますが、今日は姿がありません。







磁気測定所
磁気測定所


 横須賀本港を離れると、やがて海面にコンクリートの塊りがいくつも並んでいるのに気付きます。いったい何でしょうか?  答えは海上自衛隊の磁気測定所です。艦船は航行しているうちに、地磁気の影響で自然に帯磁してしまいます。すると相手の潜水艦に見つかりやすくなったり、磁気に反応して爆発する磁気機雷の餌食になってしてしまう恐れがあります。それらを回避するために艦船は磁気抜きをする必要があって、そのための施設がこのコンクリートの集団である磁気測定所です。







日産自動車追浜工場 (夏島)
日産自動車追浜工場を望む (夏島)


 横須賀本港を出てしばらく航行していると、やがて夏島日産自動車追浜工場が見えて来ます。ここ夏島はそのむかし伊藤博文の別荘があったところで、明治18年に初代の内閣総理大臣になった伊藤は2年後の明治20年夏、側近たちと共に無人島だったこの夏島で大日本帝国憲法の草案を練り上げました。しかしこの夏島、現在は埋め立てられて陸続きになっています。







自動車船 SALVIA ACE
自動車船 SALVIA ACE


 ここにも船舶が停泊していました。こちらは民間のもので、この工場で作られた日産の自動車を海外へ輸出するための自動車船です。







掃海母艦うらが
掃海母艦うらが


 船は長浦港に入ってきました。ここには海上自衛隊の基地があるので、米軍の艦船に替わり今度は自衛隊の艦船がたくさん見えてきます。

 この船は掃海母艦うらが。掃海母艦とは、機雷除去を主な任務とする掃海艦(艇)をサポートする艦船です。このうらが、平成17年の秋に当時のテロ特措法に基づいて、国連難民高等弁務官事務所の要請を受け、アフガン難民のための救援物資をパキスタンに運んだ事で知られています。







掃海艦つしま  掃海母艦のサポートの下に機雷除去作業を行う艦船である、掃海艦のつしまも停泊しています。掃海艦は磁気機雷に感知されない様に、帯磁しにくい木製などで造られています。
木製の掃海艦つしま


 奥に見えるあのシマシマの船は一体何でしょうか?  既に引退した艦船、元護衛艦のたちかぜです。当然、元々はこんな模様ではなかったのですが、引退後に標的艦として射撃の実艦標的となる運命にあるため、この様な模様を付けられてしまいました。 標的艦たちかぜ
標的艦たちかぜ







護衛艦はつゆき・さわゆき
護衛艦はつゆき・さわゆき


 以前は概ね艦船の大きさによって巡洋艦、駆逐艦、フリゲート艦などと呼ばれていた主戦力となる艦船が、現在はまとめて護衛艦と呼ばれています。因みにこのはつゆきさわゆきには通常はヘリコプターが搭載されていて、この写真からも2階部分に大きく開いたヘリコプターの格納庫と、その手前のヘリポートを確認する事が出来ます。







 両艦とも対潜、対空、対艦と、オールマイティーの戦闘能力を備えています。ヘリコプターは対潜用に搭載され、そして対艦用にはこのハープーン艦対艦ミサイルが搭載されています。 ハープーン艦対艦ミサイル
ハープーン艦対艦ミサイル


自衛艦隊司令部  停泊している船と船の合い間から、自衛艦隊司令部の建物が見え隠れしています。ここは海上自衛隊の作戦を司る中枢です。
自衛艦隊司令部


 前方に狭い水路が見えて来ました。新井掘割水路と呼ばれるこの水路の左側は吾妻島という島で、現在はアメリカ海軍の燃料倉庫になっています。その昔は右側の陸地部分と地続きになっていて、船舶でここを越すには大きく迂回しなければならなかったので、利便を図るため、明治の時代に旧日本海軍が掘り崩して水路を作ったのでした。 吾妻島(左)
吾妻島 (左側)


特務艇はしだて  ところで、これから3枚の船の写真をご覧にいれるので、船の側面をよく観察して覚えておいてください。

 まず1枚目はこの船。VIP接待時に迎賓艇としてレセプションなどに使われる、特務艇はしだてです。船内では自衛隊版のディナークルーズが出来る様になっています。
特務艇はしだて


 2枚目はこれ。左は南極観測の砕氷船しらせ、右は海洋観測船のにちなん。しらせはもう既に引退して、解体を待つ身です。 しらせとにちなん
しらせ と にちなん







左からたかなみ、おおなみ、はたかぜ。
左から、護衛艦たかなみ、おおなみ、はたかぜ。


 3枚目、最後は護衛艦3隻。護衛艦については既述しました。

 ・・・と言う事で、何が言いたかったかと言うと、側面に記された艦番号の桁数のことでした。写真1枚目は番号2ケタ、2枚目は4ケタ、そしてこの写真は3ケタになっています。これはそれぞれの任務の違いを表わすもので、2ケタは特殊な役割を担う船、4ケタは調査・研究など後方の任務に就く船、そして3桁は主力の戦闘艦と言う事になります。







護衛艦しらねと補給艦ときわ
護衛艦しらねと補給艦ときわ


 右側の艦番号423番の船は補給艦ときわ。平成19年11月に失効した旧テロ特措法に基づいてインド洋に派遣されていた船。わが国権の最高機関でもいろいろと論議を呼んだ、米海軍などの艦船にあの給油活動を行っていた船です。







ヴェルニー公園
ヴェルニー公園


 船は横須賀本港へと戻ってきました。約45分間の海の散歩もあっという間におしまいです。横須賀軍港めぐりの桟橋とそれに隣接するヴェルニー公園が、目の前にゆっくりと迫って来ています。船を降りたら今度はいつもの様に陸の散歩。先ずはあそこに見えるヴェルニー公園を歩きましょう。








陸の散歩へ

陸の散歩編へつづく

インデックス
インデックス
トップ
ホーム