ヤマレコ
■自然は友だち〜春夏秋冬〜47ページ目(2020年1〜3月)・・・・・・・・・・2007年9月19日より
≪前のページ
■金剛登山619回目・福寿草の様子は・・?
 2020年2月2日(日)

福寿草は一輪だけ開花寸前
今日は、霧氷、氷華、マンサク、福寿草を目的で、約一ヶ月振りに登りました。
霧氷は無し。氷華は小ちゃいのを一つ二つ見ただけ。マンサクは咲き始め。福寿草は一輪だけ開きかかっていましたが、大半は未だ硬い蕾でした。

登りは馬の背を行ったのですが、安全のため途中でチェーンアイゼン付けました。アイゼン付けてない人も居ましたが、やはり今日はアイゼンを付けた方が安全でした。

今日は、山頂辺りに雪が薄っすらだったのですが、思った以上に人が多かったです。団体さんや子供連れも目立ちました。子供さんはソリ遊びが出来ず残念だったことでしょう。

下山後に見ると、トイレ前には大勢の人、バス停には長蛇の列。今日はバスでなく、車で行って正解でした。帰路、回送バスとかにすれ違ったので恐らく臨時のバスが出たものと思われます。

今日出会った、minegonさん、アリさん、ナオさん、mizuiさん、ありがとうございました!

<今日のコース>
ロープウェイ下府営駐車場→馬の背(谷道)→山頂→葛木神社→一ノ鳥居→ちはや園地広場→しゃくなげの路→香楠荘尾根→伏見林道→駐車場
 天候:くもり時々晴れ  頂上の気温:0℃(11:26現在)  家出発8:20→帰宅16:40
<詳細はヤマレコを>
■播磨アルプス縦走・高御位山304m(曽根駅〜宝殿駅)
 2020年1月25日(土)

百間岩
播磨アルプスへ行ってきました。今回で5回目です。前回は(2016.11.20)に行っているので約3年振りです。

ここは、登山口が多く各々の体力に合わせて登れるので、ハイカーが多いです。子供連れも多く見かけました。不思議に思ったのは、山頂は沢山あるのに山名板が全く無い事です。何か訳でも有るのでしょうか?

この縦走路は300m以下の低山ばかりですが、大半が岩場の登り下り(アップダウン)なので、それなりに慎重になり、疲れます。最後辺りの岩場下りでは、足首が攣りそうになりましたが、その時はゆっくり歩き、何とか攣らずに済みました。

登り始めは、豆崎交差点の「豆崎登山口」からでしたが、ここは最近開かれたようで、ヤマレコの「地図検索」の足跡も殆んどありませんでした。最近歩かれた方のレコを参考にしました。

後半の「北山奥山」から「辻登山口」までの道も初めてでした。「米相場中継所跡」(旗振山)や「太閤岩」などがあり、歩き易い道でした。

残念だった事が一つあります。(2016.09.19)DCTさんから頂いた愛用の「ひこにゃん」を失ったことです。高御位山で昼食休憩した時に気付きました。何処かで引っかけて落としたのでしょう。滋賀県まで買いに行くのは難儀なので、大阪で売ってないかな〜

■歩行距離:約10.6km ■所要時間:約6時間40分 ■歩行時間:約5時間50分
 天候:晴れのち曇り  気温:約14℃(12:27現在)高御位山山頂  家出発7:15→帰宅17:15
<詳細はヤマレコを>
■比叡山行者道を歩こう!全7名(一乗寺駅〜JR比叡山坂本駅)
 2020年1月19日(日)

大比叡(848m)
比叡山行者道を歩こう!★参加者は7名(いつも一緒に歩いている近所の連中)
Iさんが計画され、私が何度か登っている(前回は2019.04.07)ので案内しました。

通常は「修学院駅」から出発するのが普通なのですが、宮本武蔵ゆかりの「一乗寺下り松」を見たかったので、「一乗寺駅」から出発しました。

登りは「雲母坂」を、下りは「本坂」を。私以外の方は初めての道だそうでした。
元山岳部のHさんが、程良い速さで先道してくれて、休憩も沢山取ってくれたので、結構楽で助かりました。

根本中堂前の「鶴喜そば」で昼食を食べる事になっていたのですが、到着したのが午後2時丁度。私の計画より約1時間遅くなりました。ご飯物の付いた「そば定食」は既に売り切れており、全員「比叡山そば」を食べました。思ったより蕎麦の量が多く満腹になりました。

本坂を下り切った「日吉大社」にある、過去のNHK朝ドラ「まんぷく」のオープニングロケ地を見る予定でしたが、皆の疲労が限界近くだったので止めました。

今回は、一つハプニングがありました。雲母坂を登り始めたところで、Kさんが団体行動から外れ、我々より先に行ってしまったのです。もう放って行こうと言う事になっていたのですが、気になって「水飲対陣趾碑」の所でAさんがKさんに電話を掛けました。A「今、何処を歩いているのか?」、K「全く分からない、谷間を歩いている」、A「誰かに会ったか?」、K「誰にも会わない」、A「石碑とか京都一周トレイルの道標があったか?」、K「無い!」、A「水の音が聞こえたか?」、K「聞こえない!」、こんなやり取りでした。全く分からないので、我々は下りて来る人々に「ハンチング帽でグレーの服を着た人を見かけませんでしたか?」と聞きながら先へ進みました。【東山・71】の展望休憩地の所で、ご夫婦の方に聞いても分からなかったのですが、そのご夫婦が急に「ハンチング帽の方、ここに居られます!」と仰るではありませんか。Kさんが汗か涙か分からないが、ハンカチで拭きながら登ってきました。
めでたしめでたしでしたが、後でKさんは皆から叱責されたのは、言うまでもありません。いつもKさんは、何かハプニングを起こす方です。
後で考えてみると、我々は新道(迂回路)を歩いた所で、Kさんは旧道に入って歩いたようです。

■歩行距離:約13.7km ■所要時間:約6時間45分 ■歩行時間:約4時間45分(休憩時間:約2時間00分)
 天候:晴れのち曇り  気温:約5℃(13:01現在)お地蔵さんのある展望地  家出発8:00→帰宅18:00
<詳細はヤマレコを>
■高安山・信貴山(信貴山口駅〜信貴山下駅)
 2020年1月11日(土)

高安山(487.5m)
高安山・信貴山に行ってきました。
前回(2019.03.31)家内と一緒に歩いたルートと同じルートです。所要時間もほぼ同じでした。

登りの「おおみちハイキング道」(おお道越え)は結構キツイです。信貴山口駅からおお道分岐まで、高低差約400m、途中、法蔵寺に寄りましたが約1時間15分掛かりました。1月なのに暖冬で、登りにはかなり汗を掻きました。タオルもビッショリ。

信貴山は大勢の人でした。特に、てっぺんの「空鉢護法堂」まで長い石段を登ってお参りする人も多く、感心します。

下山は「ケーブル跡ハイキング道」をのんびりと下り、信貴山下駅へ。
今日は、天気も良くいいハイキングが出来ました。

■歩行距離:約8.9km ■所要時間:約4時間40分 ■歩行時間:約3時間50分
 天候:晴れ  気温:約13℃(12:52現在)信貴山頂  家出発8:40→帰宅15:45
<詳細はヤマレコを>
■大文字山(蹴上駅〜三条駅)
 2020年1月6日(月)

大文字火床(340m)
京都・大文字山へ行ってきました。
昨年4月3日、桜の季節に行って以来です。

今日も前回同様、南禅寺の裏から登りました。このルートは、蹴上から大文字山へ比較的早く登れるルートです。
所々、道はぐちゅぐちゅの泥濘道で靴はドロドロになりました。一昨年の台風強風の被害の倒木は、まだまだそのままで痛ましいです。今日は、重機で一部伐採・搬出作業をされていました。

銀閣寺へ下山した後は、「哲学の道」をぶらぶら歩き、南禅寺まで戻りました。蹴上駅から地下鉄に乗っても良かったのですが、時間があったので京阪「三条駅」まで街歩きしました。

大文字山は、平日にも拘わらず登山者が多いです。常連さんが多いみたいです。

■歩行距離:約10.7km ■所要時間:約4時間30分 ■歩行時間:約3時間40分
 天候:晴れのち曇り  気温:約14℃(12:19現在)大文字山頂  家出発8:20→帰宅16:10
<詳細はヤマレコを>
■金剛登山618回目・令和二年初登りは家内と一緒に(細尾谷〜文珠中尾根)
 2020年1月4日(土)

葛木神社(2020年1月4日)
令和二年(2020年)初金剛登山、家内と一緒に行ってきました。

今日は少し遅い出発です。帰りの帰省渋滞が心配だったので、電車・バスで行きました。河内長野駅前10:45発のバスは、皆さん何とか座れました。帰りのバスも立ち席無しです。

登りは「細尾谷」を。下りは「文珠中尾根」を。登りの細尾谷では、下山中のkatatumuriさんにお会いし、ご挨拶を。

山頂では少しだけ霧氷を見ることが出来ました。朝の早い時間には、かなりの霧氷が見れたそうです。

家内は食堂で待っている、と言うので私だけ「転法輪寺」と「葛木神社」に初詣して、今年の健康とかをお祈りして、下山しました。

皆さま、本年もよろしくお願いいたします。

<今日のコース>
金剛山ロープウェイ前バス停より
登り:細尾谷  下り:文珠中尾根
 天候:くもり時々青空  頂上の気温:0℃(13:24現在)  家出発9:40→帰宅17:00
<詳細はヤマレコを>
≪前のページ
▲このページのトップへ
 自然は友だち〜春夏秋冬〜(by修丹)