ヤマレコ
■自然は友だち〜春夏秋冬〜36ページ目(2017年4月)・・・・・・・・・・2007年9月19日より
≪前のページ
■金剛登山521回目・春の花を探しに・・
 2017年4月16日(日)

カタクリの花
今日は、春の花を探しに久し振りに金剛山へ登ってきました。
一番の目的はカタクリの花でしたが、綺麗に咲いているのを見て、満足しました。
さすがに「春の草花の女王」といった感じです。

ちはや園地の広場では「山の春まつり」というのをやっていて、芋煮を頂いたり、「もずやん」と一緒に写真を撮ってもらったりしました。

また、来る5月3日(水・祝)に行われる「さくらまつり」の参会届けを捺印所へ持参しました。昨年8月に500回を達成したので、表彰式に一応○印をしておきました。

今日は、4月中旬とは思えないような暑さで、気持ち良かったです。

<今日のコース>
ロープウェイ下府営駐車場→寺谷ルート→山頂→金剛山遊歩道→しゃくなげの路→ちはや園地の広場→四季の谷→カタクリ尾根→伏見林道→駐車場
 天候:晴れ  頂上の気温:15℃(11:06現在)  家出発8:05→帰宅16:40
<詳細はヤマレコを>
■吉野山・桜見物(吉野駅〜金峯神社まで)
 2017年4月13日(木)

花矢倉展望台より
2年振りに、吉野山の桜を見に行ってきました。(2年前は、2015.04.12)

歩き始めは生憎の曇り空でしたが、途中からは青空が出てくれて、いい桜見物が出来ました。
下千本から中千本の桜は見頃でしたが、上千本は今一つ、奥千本は未だツボミでした。
一昨年は「高城山」まで行って折り返しましたが、今回は「金峯神社」まで足を延ばし、折り返しました。

平日にも拘わらず、大勢の人人・・でした。私のように、全て徒歩の方も居れば、山中を巡るバスで移動される方も多いようです。
近鉄電車も満員でしたが、私は往復共、何とか座ることが出来ました。阿部野橋から吉野までの約1時間半、立ちっぱなしは少々辛いです。

■歩行距離:約12.8km ■所要時間:約5時間15分 ■歩行時間:約4時間20分

 天候:晴れ   家出発7:15→帰宅17:05
<詳細はヤマレコを>
■東海自然歩道を歩く(ケーブル延暦寺駅〜三井寺)
 2017年4月5日(水)

志賀の大仏
4/2(日)の続きで、東海自然歩道をケーブル延暦寺〜三井寺まで歩いてきました。

このルート、登りはあまり無く楽だったのですが、百穴古墳群から市街地に入ると道標が少なく、ややこしい道になるので大変苦労しました。何度も立ち止まり、地図や古いガイドブックを見て歩きました。一部、東海自然歩道を外したかも知れませんが、何とか三井寺まで辿り着くことが出来ました。

■地図:山と高原地図(京都北山)2017年版
■ガイドブック:東海自然歩道30選(関西版)平成5年8月28日発行
 (最近の東海自然歩道の本は無いようだ)

道迷いや史跡等の見学により、予定していたより時間が掛かりました。近江神社、三井寺などをじっくり拝観するなら、もう少し時間に余裕を持った方が良いと思われます。

★次回は、三井寺から音羽山を経由して石山寺までを計画しています。
(音羽山は以前、大谷駅から登ったことがあります)

■歩行距離:約14km ■所要時間:約5時間50分 ■歩行時間:約4時間50分

 天候:晴れのち曇り  気温:約20℃(11:29現在)夢見が丘   家出発7:20→帰宅17:10
<詳細はヤマレコを>
■東海自然歩道を歩く(大原〜比叡山)〜JR比叡山坂本駅
 2017年4月2日(日)

琵琶湖
3月30日(木)の続きで、「東海自然歩道」を大原から比叡山まで歩いてきました。
以前、京都一周トレイルに凝っていた頃、一部の道は歩いたことがありました。

延暦寺総本堂の根本中堂は工事中でしたが、参拝することは出来るようでした。私は下へ下りず、上からお参りしましたが・・。

今日の東海自然歩道歩きは、大原からケーブル延暦寺駅までとし、そこからは紀貫之の墓(裳立山)を経由し、JR「比叡山坂本駅」まで歩きました。以前、無動寺経由で無動寺道を下ったことはあるのですが、裳立山経由は初めてでした。

下山の途中で、ヤマレコユーザーさんのchurabanaさんに声を掛けて頂きました。玉体杉の辺りでも出会っていたようです。私も何度かお見かけしていたのを、何となく覚えていました。ヤマレコユーザーさんに出会うと嬉しいものですね。

今日は天気も良く、よい山歩きが出来ました。
次は、ケーブル延暦寺駅から三井寺まで歩く予定にしています。

■歩行距離:約17.2km ■所要時間:約7時間00分 ■歩行時間:約6時間00分
 天候:晴れ  気温:約15℃(12:23現在)玉体杉   家出発6:40→帰宅17:40
<詳細はヤマレコを>
≪前のページ
▲このページのトップへ
 自然は友だち〜春夏秋冬〜(by修丹)