鎌倉アルプス

2006年4月






  鎌倉は、南には相模湾があり、他の3方向は山に囲まれているため、天然の要塞の様になっています。この事は、平家の大軍を迎え撃つことになるかも知れない源頼朝が、鎌倉を永住の地と決めた経緯にもなりました。この鎌倉の丘陵地帯は別名鎌倉アルプスと呼ばれ、市街を中心としてこれを東から北へ(或いは北から東へ)歩くハイキングコースが天園ハイキングコースです。アルプスとは言え、標高159mの大平山を中心とした高低差の少ない、4km足らずの山道を歩くハイクなのですが。





 
 鎌倉駅前ロータリー
 鎌倉駅前ロータリー

 ハイキングコースの入り口まではバスを利用すると便利です。JR鎌倉駅前のロータリーから大塔宮(鎌倉宮)行きの京急バスに乗り、終点の大塔宮まで行きます。

 ところで、今日のこの空はどんより曇り空。朝、出発前にチェックしてきた天気予報によると、天気はこのまま下り坂で一時雨降りになるけれども間もなく一転、その後は晴天になるという目まぐるしい空模様。ともかく太陽が出て来ることを信じて、スタートする事にしましょう。





 鎌倉宮
 鎌倉宮

 乗車して僅か10分程で、大塔宮(鎌倉宮)停留所に到着。折角なので、バス停の目の前にある鎌倉宮へ寄って行くことにしましょう。





護良親王幽閉の土牢 
 護良親王幽閉の土牢

 鎌倉宮に祀られているのは、大塔宮護良親王(だいとうのみやもりながしんのう)。鎌倉幕府を倒した中心的人物、後醍醐天皇の皇子です。護良親王自身この地に幽閉されていたと言われ、足利尊氏の弟、直義の命によって1335年に暗殺されました。





御構廟(おかまえどころ) 
 御構廟(おかまえどころ)

 境内には、護良親王が幽閉されていたと言われている土牢や、暗殺後の首を置いたとされる御構廟(おかまえどころ)などが残されています。拝観料300円。





 住宅街を進む
 住宅地を進む

 鎌倉宮を後にして、いよいよ鎌倉アルプスへ向かいます。鎌倉宮の鳥居を出たら指導標に従い、瑞泉寺を目指して左方向へ歩いて行きます。以降は、緑に囲まれた住宅地を道なりに進みましょう。

 天気予報通り、空からはぽつぽつと冷たいものが降って来ました。





 道が分かれてもそのまま真っ直ぐに
 道が分かれてもそのまま真っ直ぐに

 しばらく歩くと道が三本に分かれますが、正面に木の門が見える中央の道を、そのまま真っ直ぐに進みます。





 瑞泉寺の手前を右へ
 木の門をくぐり抜け、瑞泉寺の手前を右へ。

 木の門をくぐり抜けた先には瑞泉寺がありますが、今日は立ち寄らずに右へと分かれる道に入りましょう。





 天園ハイキングコース入口
 天園ハイキングコース入口

 右へ折れるとすぐ左側に、天園ハイキングコースの入口があります。「こんな所がハイキングコースのスタートなの?」と言う様な意外な場所にあるので、指道標を見落とさない様に!
 ここまで、鎌倉宮を後にして約15分です。





 意外に険しい場所も
 意外に険しい場所も

 細道の石段を登ると、それまでの住宅地から風景が一変し、木々の生い茂った山道になります。ここからは尾根を目指して、アルプス?をひたすら登って行きます。





 貝吹地蔵
 貝吹地蔵

 薄暗い山中にお地蔵さんが座っていました。首もとには何故か、ペイズリー柄の真っ赤なバンダナが!





峠の茶屋 
 峠の茶屋

 ポツポツと降り始めた雨が、いよいよ本降りに。ハイキングコース途中の六国峠にある、2軒の茶屋の内の1軒で雨宿り。今日は平日のうえに天気も悪いとあって、休業の様です。





 六国峠より相模湾を望む
 六国峠より相模湾を望む

 雨が小降りになってきました。もう少し待っていればあがりそうな気配。正面には小雨に煙る相模湾が映ります。





 ゴルフ場の脇を進む
 ゴルフ場の脇を進む

 天気予報を信じて雨が上がるのを待っていたら、やっぱりその通りになりました。雨が上がって陽も差し始めて来たので、この辺りで峠の茶屋をあとにして、先へと進む事にしましょう。

 右手にゴルフ場を見ながら歩いて行きます。





 大平山山頂
 大平山山頂

 正面に見える急斜面を登るとついに鎌倉アルプスの最高峰、標高159mの大平山山頂です。





 大平山山頂からの眺め
 大平山山頂からの眺め

 斜面をよじ登って振り返ると、天気も良くなって、山頂からの眺めも格別です。





 分かれ道は建長寺方面へ
 分かれ道では建長寺方面へ

 山頂でしばし小休止のあと、再出発。大平山のピークを過ぎて、緩やかに下って行きます。分かれ道があったら指導標に従って、建長寺方面へと進みましょう。





 十王岩へ
 十王岩へ

 ハイキングコース中、見晴らしの素晴らしさではピカイチなのが、ここ十王岩の展望所です。





 十王岩の展望
 十王岩からの展望

 この場所は、鶴岡八幡宮のちょうど真裏にあたります。正面中央には、相模湾へと真っ直ぐに続く鶴岡八幡宮の参道、若宮大路がはっきりと見えています。参道を中心にして、向かって左側が材木座海岸、右側が由比ヶ浜です。





 建長寺へ
 これより先、建長寺境内。

 十王岩をあとにして少し歩いて行くと、左手に「これより先、建長寺境内」の案内板が。ハイキングコースもいよいよ大詰め、建長寺に到着です。





 展望台より建長寺境内を望む
 展望台より建長寺境内を望む

 ここは広い建長寺で最も奥の、且つ最も高い部分にあたります。そして、境内に入ってすぐの場所に設けられた展望台からは、建長寺の全景がひと目で見渡せます。





 半僧坊
 半僧坊

 長い石段を下りて行きましょう。この辺りは半僧坊。建長寺の鎮守である半僧坊大権現が祀られています。





 仏殿
 仏殿(重文・国)

 建長寺は1253年の創建。鎌倉幕府五代執権の北条時頼により建立されました。





 1255年鋳造の梵鐘(国宝)
 1255年鋳造の梵鐘(国宝)

 天園ハイキングコースから分かれて建長寺境内に入り、ひたすら山を下りて来ましたが、約25分程で表側の門である総門に到着です。いわば裏口から入って来たので、あと先逆になりますがここで拝観料300円を支払って、建長寺をあとにします。





 北鎌倉駅前
 北鎌倉駅前

 建長寺の総門を出て、右方向にしばらく歩いて行くと、JR北鎌倉駅前に到着。のんびり歩いて5時間余りのハイキングでした。









★交通 JR横須賀線 鎌倉駅下車



周辺地図
Google マップ







 インデックス
インデックス
 ホーム
ホーム