2018年 ワークショップ・授業・ライブ報告

     

一般財団法人PENS・キャンプリーダー研修 
      2018年度第1回

ワークショップ報告  〜2018年6月15日@神戸

     一般財団法人ポジティブアースネイチャーズスクール(PENS)に集う、
     キャンプリーダーたちとのインプロ研修も、今年で11年目になりました。
     まずは、神戸Gリーダー研修からスタートです。
     15日夜に、三宮の神戸市青少年会館レクホールに集まった
     キャンプリーダーの大学生は16人、うち10人が今期加入の7期生でした。
     「スケールライン」で互いの今を表明し合い、
     「タケノコニョッキ」「名前手裏剣」で失敗を遊び、
     「ナイフとフォーク」「フィジカルシアター」で即興の身体表現を楽しみ、
     最後は7期生のキャンプネームを呼び合いながらの「ムーブメントパス」で、
     初回の研修を終えました。
     明るいエネルギーに溢れた新メンバーが加わり、
     神戸での今年のインプロが、益々楽しみになりました。
     次回は夏キャンプ後の9月に開催します。

           

千葉黎明高等学校「特別講座」第2回

授業報告  〜2018年6月13日〜

     千葉黎明高等学校「放課後特別講座」でのインプロ授業、
     2回目は、参加者が男女1名ずつ増えて、6名で開催しました。 
     1コマ目、「今日の自分を表明」「なんでもありのコトバアソビ」
     「メチャクチャ言葉で椅子取り合戦」「言葉なしの身体表現」で心身をほぐし、
     2コマ目は「何やってるの?」という台詞で場面が切り替わる、
     即興のシーン作りで、ひたすら遊びました。
     どんなオファーも、ひるまず受けて、演じることを楽しめる高校生たち。
     あっという間の90分でした。
     次週は、ロングフォームや、即興ソングにチャレンジしていく予定です。

     

荻窪インプロパーク・第3回

インプロライブ報告  〜2018年6月11日〜

     Wサトシ&くろめぐprezents「荻窪インプロパーク」の3回目を11日に開催しました。
     今回のスペシャルゲストは、Platformから戸草内淳基&村田貴章の2人。
     総勢26名の皆さんが参加して、インプロパフォーマンスを楽しみました。
     次回は8月13日(月)開催です。
     

>>詳細ページ

     

本八幡インプロパーク・第8回

ワークショップ報告  〜2018年6月6日〜

     「本八幡インプロパーク」8回目の参加者は4名。
     この日の前半は、ひたすら即興の「歌」で遊び、
     後半は、参加者の方が学校で担当している「インプロクラブ」での実施を見据えて、
     「何見てるの?」「感情当て」等のプログラムを試していきました。
     次回は7月4日に開催します。
     

>>詳細ページ

     

千葉県白井市立池の上小学校「総合学習」2018年度2回目

授業報告  〜2018年6月6日〜

     池の上小学校での総合学習「即興(5年生)・演劇(6年生)」、
     5年生はクラスごとの「即興」ワークショップ
     この日は「全員が合図無しで一斉に動く・止まる」「子どもたち同士で動きを真似し合う」
     「グループで何か1つの『もの』になってみる身体表現」にチャレンジしました。
     6年生「即興」グループは、今回初参加の児童がいたので、
     先月実施した「ゾンビゲーム」「タケノコニョッキ」「何やってるの?」等に、
     新しいルールを加えながら再度チャレンジし、
     さらに「ワンタッチ彫刻」「ワンタッチオブジェ」(身体表現+物語作り)にトライしました。
     自分ではない「何か」に成ることを楽しめる子どもたち、
     これから様々なインプロを試していきたいと意欲満々です。

     

千葉黎明高等学校「特別講座」第1回

授業報告  〜2018年5月30日〜

     千葉県八街市にある千葉黎明高等学校(私立)で、
     インプロの講座を担当することになりました。
     午後の特別講座(選択授業)で、5〜6月に4回シリーズでの開講です。
     初回のこの日は、演劇愛好会に所属する生徒3名と、
     家族の勧めで参加したという1名、計4名の女子高校生と出会いました。
     初体験のインプロに、戸惑いながらも、笑顔でとび込んでくれたメンバーたち、
     2回目以降も、とても楽しみです。

     

インプロinカフェコモンズ・第142回

ワークショップ報告  〜2018年5月27日〜

     インプロinカフェコモンズ第142回「伝え合う〜伝わらないことも楽しむ」を、
     5月27日(日)に開催しました。
     参加者は、初参加2名を含む11名の皆さん+懇親会から1名。
     「しりとり彫刻」「何見てるの?」「感情当て」「マイムde場作り」
     「ステイタスゲーム」など、「伝え合う」けれど「なかなか伝わらない」
     様々な「即興表現」プログラムへのチャレンジを楽しみました。
     ワークショップの詳しい内容や、参加者の皆さんのふり返りは、
     インプロinカフェコモンズのブログにアップしています。 
     http://inprocommons.blog2.fc2.com/を、ぜひご覧ください。

     

一般社団法人日本アウトドアネットワーク・スキルアップ研修会

ワークショップ報告  〜2018年5月22日〜

     アウトドア活動をしている68の団体(キャンプリーダー)が所属している、
     全国組織「日本アウトドアネットワーク」(JON)の事業部が主催する、
     「スキルアップ研修会」で、インプロワークショップを実施してきました。
     テーマは「場作りに活かす即興表現」。
     全国各地から集まった20名の皆さんに、朝9時から12時まで、
     たっぷりインプロ体験していただきながら、
     野外活動での、子どもたちとの場作りについて、一緒に考えていきました。
     40年前、私が学生時代に、共にキャンプリーダーだったメンバー、
     (今、その方たちがJONを運営しています)
     ここ数年、インプロを取り入れてくださっている、 
     「ポジティブアースネイチャーズスクール」や「ドルフィンスポーツアカデミー」のスタッフ、
     そして、この日初めてお会いする、様々なフィールドで場作りをしている、様々な年代の方々、
     皆さんの「現場」への熱い思いが、インプロと融合して、とてもいい学びの場になりました。

「ちょけ・ラテ」第22回

     

ワークショップ報告  〜2017年5月19日〜

     奈良の大学生たちと共に創るインプロの場『ちょけ・ラテ』、
     今回は、学生時代にスタッフとして場作りを共にした3人の卒業生が、
     社会人になって、それぞれが今、改めて
     「一緒にインプロしたい」と思う人に声をかけて実現させた場でした。
     声をかけたのは、大学時代の友人だったり、偶然再会した高校の同級生だったり、
     やはり社会人になった妹さん、最愛の彼女、・・・計12名。
     それぞれの関係性の中で、大切な人たちと、
     週末のひと時を、インプロをして過ごしたい。
     その『場作り』を委ねてもらえる幸せ。
     会場は、橿原市の古い町並み(今井町)の中にある「大川珈琲店」。
     お店の2階のスペースをお借りするのは今回で2回目です。 
     お茶とケーキをいただきながら、坐ったままで、
     「即興のコトバアソビ」をゆったりたっぷり楽しみました。

     

国際アート&デザイン大学校「声優科・アニメ声優科」

     

授業報告  〜2017年5月16日〜

     福島県郡山市にある専門学校の声優科の授業に、呼んでいただきました。
     学校に伺って授業をさせてもらうのは、平成27年1月以来ですが、
     「国際アート&デザイン大学校」の生徒たちとは、
     秋に福島で行われている『演劇キャンプin川内(富岡)』で、
     毎年一緒にインプロをしてきています。
     今回出会ったのは、2年生12人、1年生11人の計23人。
     2〜6限まで、50分×5コマ、たっぷり時間を取っていただけたので、
     即興型の「場作り」から始めて、様々な即興表現を体験し、
     午後には、即興のシーン作りまで、じっくり取り組むことができました。
     演じる楽しさを肌感覚で体感している生徒たちは、エネルギーに満ちていて、 
     即興で生まれるシーンに、意欲的に飛び込んでいきます。
     あっという間の50分×5コマでした。
     この中のメンバーと再会できる今年の「演劇キャンプ」が待ち遠しいです。

     

本八幡インプロパーク・第7回

ワークショップ報告  〜2018年5月9日〜

     「本八幡インプロパーク」第7回、
     この日の参加者は、3名でした。
     互いの近況をじっくり語り合いながら、
     即興のコトバアソビを楽しみました。
     次回は6月6日に開催します。
     

>>詳細ページ

     

千葉県白井市立池の上小学校・総合学習(5・6年生)

授業報告  〜2018年5月9日〜

     池の上小学校での総合学習「即興(5年生)・演劇(6年生)」、
     今年も継続できることになりました。
     2002年に始まって、もう17年目です。
     5年生はクラスごとの「即興」授業の1回目、
     4年生の時に一度「お試し」で体験しているので、
     スムースにスタートすることができました。
     6年生は、希望調査を経て、初回から3つのグループに分かれての実施です。
     「オリジナルストーリー」「サイドストーリー」「即興」
     私は例年通り「即興」を続けるグループを担当することになりました。
     2月の発表会まで、「即興」グループの17人が、
     どんな即興表現を生み出し、どんな成長を遂げていくのか、
     今年も丁寧に寄り添い、見つめ、サポートしていきたいです。

     

インプロinカフェコモンズ・第141回

ワークショップ報告  〜2018年4月29日〜

     インプロinカフェコモンズ第141回「言葉で遊ぶ」を、
     ゴールデンウィーク最初の日曜日(29日)に開催しました。
     参加者は11名の皆さん。
     初参加が3名、1年ぶりの方や3年ぶりの方もいて、
     新鮮な出会いの中で、「即興の言葉遊び」を楽しみました。
     ワークショップの詳しい内容や、参加者の皆さんのふり返りは、
     インプロinカフェコモンズのブログにアップしています。 
     http://inprocommons.blog2.fc2.com/を、ぜひご覧ください。

     

本八幡インプロパーク・第6回

ワークショップ報告  〜2018年4月25日〜

     2か月ぶりの開催となった、「本八幡インプロパーク」、
     参加者は、初参加2名を含む7名の皆さんでした。
     今後も、5月9日、6月6日、7月4日と継続開催していく予定です。      

>>詳細ページ

    

Team@show-waの即興夜話・第8夜

インプロライブ報告  〜2018年4月24日〜

     8回目を迎えた『Team@show-waの即興夜話』、
     紅一点の新メンバー・中川真由美をを加えて、5人でのパフォーマンスを、 
     24日(火)夜、高円寺HACOで開催しました。
     ご来場いただいたのは、リピーター3名を含む9名の皆さん。
     今回は、「即興ソング」(一文字ソング・二文字ソング等)
     「即興ソングから始まるフリーシーン(お題・怪獣ブースカ)」
     「主役回し」「ワンタイトルオムニバス(お題・夏休み)」
     「ある夫婦の物語」「パーティーエンダウメント(動物編・家電編)」
     「うたものがたり(お題・親子丼)」
     というラインナップで上演しました。
     次回は、「夏」8月を予定しています。

     

東葛地方教育研究所インプロ研修会・第2回

ワークショップ報告  〜2018年4月21日〜

     2月から開催が始まった、
     千葉県柏市にある「東葛教育会館」でのワークショップ、
     2回目は、教員採用試験を目指す非常勤講師や大学生対象の学習会の一環として、
     土曜日の17〜18時に開催しました。
     参加者は現場の講師5名、学生1名、主催の研究所の方1名と私の計8名でした。
     クラスでの場作りを意識しながら、
     「今の自分を表明する」「失敗にとび込む」「なんでもありの言葉遊び」
     「即興の身体表現」等のプログラムにチャレンジしました。
     互いに初対面同士だったのですが、皆とても意欲的で、
     しなやかな即興表現が次々に飛び出し、楽しい研修会になりました。

     

荻窪インプロパーク・第2回

インプロライブ報告  〜2018年4月9日〜

     2月に新たなスタートを切った荻窪LIVE BAR BUNGAでのライブ、 
     「荻窪インプロパーク」の2回目を9日に開催しました。
     偶数月の第2月曜日に開催するイベントです。
     初回に続いて、即興ミュージシャン・むらむ〜(Platform)をゲストに迎えました。
     多士済々な4チームがエントリーした『即響BUNGA・インプロオープンステージ』、
     お客様参加型のセッションタイム、
     Wさとし&くろめぐ+むらむ〜による、パフォーマンスタイム、
     総勢31名の皆さんが参加して、インプロパフォーマンスを楽しみました。
     次回は6月11日(月)開催です。
     

>>詳細ページ

     

にじの子タウン@伊豆

イベント報告  〜2018年3月31日・4月1日〜

     NPO法人「伊豆こどもミュージアム」が、毎年3月に開催を続けている、
     こどものまち『にじの子タウン』に、初めて参加してきました。 
     伊豆の皆さんには、2007年から11年間、
     毎年11月にインプロワークショップに呼んでいただいています。
     ここ数年は、『にじの子タウン』を運営する実行委員の子どもたちが、
     11月に初めて集まる顔合わせの日に、みんなでインプロで遊んでいます。
     いつかは『にじの子タウン』本番もお手伝いしたいと思っていて、
     念願が今年ようやく叶いました。
     会場の伊豆の国市野外活動センター(元は小学校だった建物)には、
     このイベントを楽しみにしている静岡県内の小学生が、連日300人以上やってきます。
     子どもたちは、まずは1階受付横の「ハローワーク」で仕事を探し、
     それぞれのブース(仕事場)で働いて、地域通貨「レパ」で給料をもらい、
     そのお金で、お昼を食べたり、他のブースで遊んだりするのです。
     私と、早さきえこさん(Platform)の2人が担当するブースの名前は「にじの子劇団」。
     子どもたちは「お仕事」として「劇を作りに」やってきます。
     様々なインプロのプログラムにチャレンジし、最後に、短い即興劇を作る。
     この60分間のサイクルを2日間で計・8時間、実施しました。
     やって来たのは、全員、エネルギー溢れる「演じたい」子どもたちで、全員女子。
     それぞれの個性が炸裂した、面白いドラマがたくさん生まれました。
     そんな中、弾けられない子の対応や、メンバーのニーズに応じたプログラム選択など、
     課題も多く見つかりました。来年の「にじの子劇団」に活かしていきたいです。

           

インプロinカフェコモンズ・第140回

ワークショップ報告  〜2018年3月25日〜

     インプロinカフェコモンズ第140回「音で遊ぶ」を、
     25日(日)に開催しました。
     参加者は9名の皆さん、今回は全員リピーターの方でした。
     様々な「音遊び」プログラムを楽しんだ後、
     久しぶりに、ゆっくりと『作詞タイム』を設けて、
     2チームに分かれて『ウタカタの歌作り』をしました。
     タイトルは「ななめうしろの小市民」。
     まったくタイプの違う「ウタカタのウタ」が2つ誕生しました!
     ワークショップの詳しい内容や、参加者の皆さんのふり返りは、
     インプロinカフェコモンズのブログにアップしています。 
     http://inprocommons.blog2.fc2.com/を、ぜひご覧ください。

     

「即興型学習研究会」2017年度第6回

ワークショップ報告  〜2018年3月24日〜

     NPO法人グラスルーツ主催の「即興型学習研究会」、
     関東での今年度2回目のワークショップでは、
     新年度からの「クラス開き」を念頭に置いて、
     インプロを活用した『場作り』のプログラムを
     午前中、2時間のワークで提案しました。
     参加者は、小学校教員の方が中心で、スタッフ含めて20名の皆さんでした。
     午後は、小学校の教科の授業の中で「即興型学習」に取り組んでいる方お二人の、
     実践報告と、そのプログラム体験でした。
     ねらいがはっきりしている(正解が決まっている)教科の授業でも、
     即興型学習の良さが失われていないこと、
     教科としても、即興としても「芯」がプレていないことが、
     とても大事なポイントであると改めて感じた一日でした。

     

こどもチャレンジ道場@大阪

ワークショップ報告  〜2018年3月18日〜

     2014年から「即興型学習研究会」でお世話になっている、NPO法人グラスルーツが、
     「子どもゆめ基金」の助成を受けて企画した、
     「こどもチャレンジ道場」に、ファシリテーターの一人として参加しました。 
     午前中が、私が担当する「インプロで遊ぼう」(即興型学習ゲーム)、
     午後が、グラスルーツ理事長・池亀がめらさんによる、
     「ロジックで遊ぼう」(即興型言語ゲーム)です。
     小学校2年生〜6年生の子どもたち10名と、
     大人の参加者(指導者見学)8名、スタッフ5名の計23名が、
     大阪市の「弁天町ORC200生涯学習センター第2研修室」に集まりました。
     午前中は「からだ」、午後は「ことば」を主に使ってのゲーム、
     様々な自己表現にチャレンジしていきました。
     大人も子どもも関係なく、「即興表現」で、夢中で遊んでいくうちに、
     「失敗は怖くない」場が出来上がっていき、
     ひとりひとりの「その人らしい」表現が、徐々に見られるようになっていきました。
     「自己表現が苦手」と周りから思われていた子が見せた、
     最後に実施した「即興物語」のパフォーマンスでの「弾けた」表現が、
     忘れられません。
     「即興型学習」の可能性を、改めて実感した一日でした。

           

豊中野外活動協会・PENS合同研修

ワークショップ報告  〜2018年3月12日〜

     大阪・豊中のキャンプリーダーと、PENSのGリーダーとの宿泊合同研修初日に、
     3時間のインプロワークショップを実施しました。 
     参加者は豊中から9名、PENSから3名の計12名。
     研修のテーマが「伝える」(初日・インプロ/2日目・インタープリテーション)だったので、
     「伝え合う」「感じ合う」インプロを中心にしたプログラムを組みました。
     「ジブリッシュ(めちゃくちゃ言葉)」や「数字」だけで気持ちを伝え合ったり、
     背中に貼られた自分の正体(冷蔵庫の食材)を探り合ったり、
     全員が「社長」に扮し、配られたカードの数字に応じて、
     扱っている商品の大きさを設定し伝え合って、数字の近い人を探したり・・・・、
     必死に「伝えよう」とするけれど「伝わらない」ことだらけ。
     その「伝わらないこと」も楽しむ時間に、
     初インプロの豊中のメンバーも、しなやかにチャレンジしてくれて、
     活気と笑顔溢れる、あっという間の楽しい3時間でした。

     

千葉県野田市立柳沢小学校・インプロ授業

授業報告  〜2018年3月5日(1・2年生)〜

     2017年度、全学級で各3回ずつ、インプロ授業を実施してきた野田市立柳沢小学校に、
     今年度最後の授業に行ってきました。
     1年生は「ゾンビゲーム2」「これ落としましたよ」「振り返りニンジャ」
     2年生は「ヘンテコモモタロウ」「魔法使いの鍵」
     どちらの学年も、思いっきりフィクションの世界にとび込み、
     心と体を動かしてチャレンジすることができました。
     ここ2年間のインプロ授業と、Platformの学校公演を観た経験が積み重なって、
     子どもたちのいきいきとした自己表現に繋がってきていると感じます。
     次年度のさらなる継続を心より願っています。

     

ドルフィンスポーツアカデミー・サンデーキッズスクール「原っぱで遊ぼう」
     @東京・代々木公園 2017年度第3回

イベント報告  〜2018年3月4日〜

     ドルフィンスポーツアカデミー主催のサンデーキッズスクール「原っぱで遊ぼう」。
     今年度3回目を、すっかり暖かく春めいてきた代々木公園で開催しました。
     参加者は、年少〜小学校2年生までの子どもたち13名と、スタッフ6名。
     今回は、「変身」〜「ゾンビ退治(ゾンビゲーム)」
     〜「冒険の旅(敵の苦手なものに変身しながら)」
     〜「殿様の宝物を奪う(ニンジャゲーム)」というように、
     ずっと『架空の物語』の世界の中に子どもたちをいざなって、遊び続けました。
     子どもたちの「フィクションとリアルを軽やかに行き来する力」を再確認した一日でした。 
     このイベントの詳細は、http://dolphin-sa.jp/wp/をご覧ください。

     

財団法人ポジティブアースネイチャーズスクール・キャンプリーダー研修 
      2017年度第5回

ワークショップ報告  〜2018年3月1日@神戸/2日@京都〜

     財団法人PENSに集うキャンプリーダーたちとのインプロ研修、
     今年度の最終回は、恒例の「卒業生を送る」時間でした。
     卒業生に「Gリーダーとしての思い出」や「未来の夢」を語ってもらって、
     その「思い出」や「未来」の瞬間を、本人が主役、見送る後輩たちが脇役となって、
     静止画で表していくプログラムを実施した後、
     ラストは、卒業生ひとりひとりに、思いをこめて「言葉のシャワー」をプレゼントしました。
     ここまでたくさんの「本気」の時間を共有してきたリーダーたちだからこそ伝え合える、
     様々な思いが行き交い、とても素敵な時間となりました。

     

千葉県柏市立柏第五小学校・インプロ授業

授業報告  〜2018年1月23日(6年生)・31日(3年生)・2月16日(5年生)・28日(4年生)〜

     全学級で授業を実施するようになって4年目の、千葉県柏市立柏第五小学校。
     子どもたちにとっては、年1回のインプロです。
     3年生は、「写真の人」「フィジカルシアター」等、静止画での身体表現に取り組み、
     4年生は、班で「ワンタッチ彫刻」を作り、クラスで協力して「魔法使いの鍵」を奪い、
     5年生は、「宇宙人探し」や「天使と悪魔」にチャレンジ、
     6年生は、「宇宙人探し」の後、「ブラインドウォーク」で暗闇探検を体験しました。
     どの学年にも「タケノコニョッキ」を紹介。早速、子どもたち同士で楽しむ姿が見られました。
     「また来年!」と笑顔の子供たち。私も継続を切に願っています。

     

インプロinカフェコモンズ・第139回

ワークショップ報告  〜2018年2月25日〜

     2月の「インプロinカフェコモンズ」を25日に開催しました。
     テーマは「思いっきりイエスアンド+Noも遊ぶ」。 
     シンプルなインプロゲームの中に、
     「相手のアイデアをしっかり受け止めながら『No』と断る」ルールを取り入れて遊びました。
     参加者は、初参加3名を含む17名の皆さんでした。
     ワークショップの詳しい内容や、参加者の皆さんのふり返りは、
     インプロinカフェコモンズのブログにアップしています。 
     http://inprocommons.blog2.fc2.com/を、ぜひご覧ください。

     

神戸ドラマ倶楽部

ワークショップ報告  〜2018年2月24日〜

     神戸で意欲的に活動を続ける劇団「神戸ドラマ倶楽部」の皆さんとの、
     3回目のインプロワークショップが実現しました。 
     参加者は、他劇団の方も含めて全部で10名の皆さん。うち3名が初インプロです。
     今回は、単なる「インプロ体験」にとどまらず、即興のシーン作りにチャレンジしました。
     2人ずつ登場して、同じタイトルの短いシーンを重ねていく『ワンタイトルオムニバス』、 
     10人全員でひとつの「場所」にある「もの」と「人間模様」を描く『ドミノスケッチ』、
     演劇経験豊かな皆さんとの即興芝居、とても楽しい時間でした。
     「神戸ドラマ倶楽部」の活動については、
     https://kobe-dorama-club.jimdo.com/を、ご覧ください。



     

千葉県野田市立柳沢小学校・インプロ授業

授業報告  〜2018年2月19日(2・5・6年生)・23日(1・3・4年生)〜

     10日にPlatformの学校公演「正義のみかた。」を観た子どもたちとのインプロ授業は、
     観劇のアフタートークからスタートしました。 
     本格的な即興芝居を味わった子どもたちが、いきいきと感想を語ってくれます。
     授業でも、以前にもまして積極的に、何も決まっていない即興表現にチャレンジしてくれました。
     1年生・2年生は、インフルエンザで実施できなかった1月24日の2クラスの振替授業。
     5年生は、Platformの戸草内淳基が授業者となって『ナンバーズ』『握手回し』に挑戦。
     6年生は『何やってるの?』『感情当て』とパフォーマンス色の濃いプログラムにチャレンジ、
     3年生は、戸草内淳基扮する「盲目の魔法使い」から鍵を奪うプログラムにクラス一丸で挑み、
     4年生は『ワンタッチオブジェ』『天使と悪魔』で、フィクションを大いに楽しみました。
     柳沢小学校での授業も、いよいよ来月、残りあと1回です。

     

千葉県白井市立池の上小学校5・6年生総合学習

授業報告  〜2018年2月21・22日〜

     池の上小学校の子どもたちが「即興・演劇」に取り組む総合学習、
     17年目もいよいよフィナーレを迎えました。
     21日は、午前中が5年生のクラスごとの「即興」授業、最終回(10回目)。
     『みんなでめちゃくちゃ物語(シェアードストーリー)・上級編』です。
     これまで、何でもありのインプロに戸惑い続けてきた子どもたちも、
     この日は、多くの子が、「めちゃくちゃ」を楽しんで、終わることができました。
     午後、5年生は、6年生の試演会(明日の発表会に向けたリハーサル)を見守ります。
     6年生にとっては初の、100人以上(5年生と6年の他グループ)の前でのパフォーマンス体験。
     オリジナルの劇・名作のサイドストーリー・即興劇の3チームが、次々に演じます。
     うまくいったことも、うまくいかなかったことも、すべて翌日の発表の糧です。

     22日昼休み、6年生は、今度は3か所に分かれて、
     多くの下級生や、保護者の方、先生方の前での発表会本番に臨みました。
     私が担当した即興グループ「インプロスターズ」の出し物は、
     『ワンタッチオブジェ』『何やってるの?』『天使と悪魔』の3つ。
     昨日試演会で経験した「緊張」や「躊躇」「後悔」を、すべて本番でのエネルギーに変え、
     24人一丸となっての素晴らしい即興パフォーマンスを披露しました。
     終演後のひとりひとりの表情や、ふり返りの言葉は、すがすがしい達成感に溢れていました。
     2年間、21回、インプロし続けてきた子どもたち。
     インプロ経験が、卒業後の彼らの生きるエネルギーとなることを願って、別れを告げました。

     

出前ワークショップ@けやきプラザ(千葉県我孫子市)

ワークショップ報告  〜2018年2月17日〜

     10月の「本八幡インプロパーク」に参加してくださった茨城県内の大学で働くお二人が、
     同僚の方や、ご同業の方などに声をかけて、
     ワークショップを企画してくださいました。
     我孫子駅前の「けやきプラザ」に集まったのは、初インプロ5名を含む8名。
     それぞれの現場での「場作り」(「アイスブレイク」や「チームビルディング」)に、
     インプロを活用したいという意欲をお持ちの方々です。
     「アイスは無理にブレイクしない」という私の思いを伝えながらのアイスブレイクメニューや、
     チームビルディングに繋がるインプロワークを中心に、
     2時間半、即興表現にチャレンジしていきました。
     「春になったらまた開催したい」と、嬉しい言葉をいただきました。
     現場での実践報告を持ち寄って再会する日が、とても楽しみです。

     

本八幡インプロパーク・第5回

ワークショップ報告  〜2018年2月14日〜

     本八幡で毎月開いている遊び場、
     この日は、仕事帰りの小学校教員の方3名が訪ねてきてくれました。
     「ワンワードモノローグ」「スピットファイヤー」など、言葉での即興で遊びました。
     3月は、同じ本八幡で「即興型学習研究会」が開催されるので、こちらはお休みします。
     次回は4月下旬の予定です。      

>>詳細ページ



     

千葉県白井市立池の上小学校・総合学習(5・6年生)2018年第9回

授業報告  〜2018年2月14日〜

     ラスト2回となった今年の池の上小学校・総合学習、 
     5年生は、「みんなでめちゃくちゃ物語」(シェアードストーリー)へのチャレンジを続け、
     6年生は、来週に迫った発表会に向けての準備・リハーサルを進めていきました。
     お話作りを「うまく」やろうとして「うまく」いかない5年生。
     うまくいかないことでを承知でインプロを楽しむ6年生の、1年前の姿です。
     2年間の毎月の授業の積み重ねで、
     「リスクに飛び込むチャレンジを楽しむ」ことができる6年生になりました。
     発表会での即興グループ24人(「インプロスターズ」というグループ名が付きました)の
     パフォーマンスが、待ち遠しいです。

           

荻窪インプロパーク・第1回

インプロライブ報告  〜2018年2月12日〜

     2007年に出会った荻窪LIVE BAR BUNGAで、 
     この日から新たなライブ「荻窪インプロパーク」を始めました。
     Platformとの共催が終了し、『大人のインプロ同好会』のさとし、くろめぐと、
     『インプロパーク』の私(鈴木)の3人で創り上げるイベントです。
     『即響BUNGA』時代同様に「インプロオープンステージ」を復活させたところ、
     馴染みのパフォーマーの方々がエントリーしてくれ、
     さらに、スペシャルゲストとして、今井敦さん(即興演劇だんすだんすだんす)と、
     村田貴章さん(Platform)が駆けつけてくれて、
     にぎやかなオープニングとなりました。
     年齢層の高いスタッフ3人だからこそできる場作り、企画、パフォーマンスを、
     肩ひじ張らずに、ゆるゆると続けていきたいと思います。
     ぜひご来場ください。
     

>>詳細ページ

     

東葛地方教育研究所・インプロ研修会

ワークショップ報告  〜2018年2月10日〜

     千葉県柏市にある「東葛教育会館」を運営する先生方と一緒に、
     新しいワークショップを始めました。
     初回の参加者は8名。柏・野田の小学校で働く先生方5名に、
     この日の午前中、野田市立柳沢小学校での学校公演を終えたばかりの「Platform」メンバーが、
     3名加わってくれました。
     小学校のインプロ授業で実施しているプログラムを中心に、
     2時間、思いっきりインプロを楽しみました。
     参加してくれた先生たちが、それぞれの教室で実践し、また報告し合う流れを作れるよう、 
     継続して開催していきたいです。次回は4月の予定です。

     

千葉県野田市立柳沢小学校・インプロカンパニーPlatform学校公演

インプロライブ報告  〜2018年2月10日〜

     「授業でインプロを実施している小学校」での「即興演劇」公演が実現しました。
     2月10日(土)、昨年度から私が全クラスでインプロ授業を継続してきている
     千葉県野田市立柳沢小学校に、「インプロカンパニーPlatform」のメンバー14人が訪れ、
     体育館で、「Platform」第8回本公演作品「正義のみかた。」を披露したのです。
     低学年、高学年に分けての2回上演。
     「将来なりたい仕事は何?」という問いかけに、
     1年生が「パン屋さん」、4年生が「ユーチューバー」と答えた瞬間に誕生した
     「正義のみかた。」(パン屋戦隊ヤクンジャー/ユーチューバー戦隊ヒカキンジャー)が
     主人公となって、この日限りの戦隊ヒーロー物語が2つ、紡ぎ出されていきました。
     2回の公演を通じて、子どもたちのフィクション(ドラマ)に入り込むエネルギーが
     とても印象に残りました。
     ストレートな反応、歓声、野次(ツッコミ?)、いきいきとした表情・・・、
     子どもたちは、即興で創り出されるキャラクター(主人公たちだけでなく、悪役も含めて)に
     心を寄せ、正義と悪の戦いの行方に心躍らせて、楽しんでいました。
     この日までに45分間のインプロ授業を4回体験してきていることも、
     「即興」で繰り広げられる世界に飛び込みやすくしていた要素かもしれません。
     この後、年度内(2〜3月)にもう一度ずつ、授業が予定されています。
     インプロヴァイザーたちのパフォーマンスを観たことがどんな化学反応を生むのか、
     次の授業で何が生まれるのかとても楽しみにしています。

     

千葉県柏市立西原小学校・校内研修

ワークショップ報告  〜2018年2月5日〜

     「子どもたちも教員も、『表現力アップ』を目指している」という小学校の校長先生と知り合い、 
     校内研修に呼んでいただきました。
     月曜日の放課後、体育館に集まったのは、若い世代がとても多い24名の先生方。
     職場の雰囲気の良さと、前向きなエネルギーを感じる楽しい時間となりました。
     「来年度もまた!」という嬉しい声をいただきました。
     ぜひ「継続的にかかわっていきたいです。

     

出前ワークショップ@高根台つどいの家(千葉県船橋市)

ワークショップ報告  〜2018年2月4日〜

     昨年秋、「敬老会」に出前パフォーマンスに伺った福祉施設に勤務するワーカーの方が、
     ぜひ仕事仲間にインプロを紹介したいと、出前ワークショップを依頼してくださいました。
     日曜日の午後に施設の部屋をお借りして、4名でのインプロ体験ワークショップ、
     それぞれのお人柄が伝わる、あたたかい場になりました。

           

インプロinカフェコモンズ・第138回

ワークショップ報告  〜2018年1月28日〜

     新年最初の「インプロinカフェコモンズ」を、28日に開催しました。
     今回のテーマは「察する・委ねる」。
     年2回実施している、言葉に頼らない即興表現で遊ぶワークショップです。
     参加者は、初参加3名を含む8名の皆さん。
     少人数でしたが、少なさを感じさせない、とてもいいエネルギーに満ちた時間でした。
     ワークショップの詳しい内容や、参加者の皆さんのふり返りは、
     インプロinカフェコモンズのブログにアップしています。 
     http://inprocommons.blog2.fc2.com/を、ぜひご覧ください。

           

インプロinすだち・第17回

ワークショップ報告  〜2018年1月27日〜

     2009年3月から継続開催している、「インプロinすだち」。
     大阪府のNPO法人「寝屋川市民たすけあいの会」主催の、
     インプロワークショップです。
     17回目を迎えた今回の参加者は、初インプロ5名の方を含む14名。
     普段は利用者さんの平日の活動場所になっている「ぼちぼちハウス」で、
     土曜日の午後、たっぷりとインプロを楽しみました。
     終了後の楽しみは「すだち」での懇親会。ここからの参加も3名。
     たすけあいの会の方の手料理をいただきながら、夜遅くまで語り合いました。
     またここに戻ってこられる日を、心待ちにしています。 

     

愛知県あま市立伊福小学校・ドリームマップ授業

授業報告  〜2018年1月25日〜

     愛知県あま市の全小学校で実施しているキャリア教育プログラム「ドリームマップ」授業に
     インプロのエッセンスを加えるお手伝いに行ってきました。
     伊福小学校に伺うのは、今回で4回目、4年生2クラスが体育館に集まっての実施です。
     1校時は、「からだでいろんなものに変身する」インプロを楽しみながら、
     4人のグループで順番に「主役」と「脇役」を経験していきました。
     2校時は、それぞれの「夢(将来やりたい仕事)」について伝え合いながら、
     一人ひとりの夢が叶った瞬間を、身体表現で表しました。
     1人が主役(夢が叶った人)、
     あとの3人は、その夢が叶った人がその時傍らに居てほしい脇役です。
     からだを動かしているうちに、楽しくなりすぎてふざける子も出てきますが、
     ただ騒いでいるかのように見える「カオス」の中でも、
     多くの子どもたちが、互いの夢を受け止め合って、表現し合っています。
     3校時以降、私は、ドリームマップ作成のお手伝いをして、
     6校時のひとりずつの発表に臨みました。
     伊福小学校だけがチャレンジを続けてくださっている、このイレギュラーな形が、 
     先生方の理解を得て来年度も続くよう、願っています。

        

千葉県野田市立柳沢小学校・インプロ授業(1・2年生)

授業報告  〜2018年1月24日〜

     柳沢小学校インプロ授業、
     今年度の5日目は、1・2年生各2クラスの予定でしたが、
     インフルエンザが流行して、どちらの学年も1クラスずつが学級閉鎖されてしまい、
     1クラスだけの実施となりました。
     1年生は「ゾンビゲーム」に初挑戦。
     2年生は「タケノコニョッキ」「数字de感情表現」などにチャレンジしました。
     どちらも最後に時間が少しあったので、
     大好きなプログラムである「振り返りニンジャ」で締めくくり。
     フィクションの世界に思いっきり遊んだ45分でした。

     

Wサトシの津田沼インプロパーク五丁目

インプロライブ報告  〜2018年1月21日〜

     5回目を迎えた津田沼ライブは、
     スペシャルゲストとして、ピアニスト・むらむ〜(Platform)が参加、
     津田沼メンバーと共に、ロングフォーム「ピクチャーズ」を作り上げ、
     〜タイトル「田舎のイオン(ショッピングモール)」〜
     セッションタイムのディレクターも務めてくれました。
     次回・六丁目は、今夏開催予定です。      

>>詳細ページ



           

横浜国立大学「教育実地研究」講座

ワークショップ報告  〜2018年1月19日〜

     ドラマワークの参加者同士で出会ってから、お付き合いが続いている、
     横浜国立大学の石田喜美先生の授業に、ゲストティーチャーとして呼んでいただきました。
     「教育実地研究2017秋学期」。国語教育を志す大学1年生25人のクラスです。
     テーマは「学級づくりと即興(インプロ)」。
     学生たちが、学校見学等を重ねる中で、
     「非言語」のコミュニケーションに興味を強く持っているとのことだったので、
     言葉に頼らない即興表現を中心に、3時間(180分)のワークショップを実施しました。
     3日前に出会った「テーマパーク科」の学生たちとちょうど同世代。
     目指すものは、まったく異なっているのですが、どちらもとても真剣で、とてもしなやか。
     そして、どちらにも学生に真摯に向き合う大人がいて、そういう大人(教員)だからこそ、
     インプロに興味を持ち、価値を見出して、呼んでくれる。
     学生たちは、安心感、信頼感の中でチャレンジしていく。
     そんな共通点こそが、「学級づくり」「場作り」の『肝』であると実感しました。

             

本八幡インプロパーク・第4回

ワークショップ報告  〜2018年1月17日〜

     この日の本八幡の遊び場の参加者は3人。
     「ホラ吹き自己紹介」「リズムde言葉回し」「Three things」
     「サンキューゲーム」「うたしりとり」「気まぐれ人形」などで、
     まったりゆったり遊びました。      

>>詳細ページ



     

千葉県白井市立池の上小学校・総合学習(5・6年生)

授業報告  〜2018年1月17日〜

     池の上小学校の総合学習も、終盤戦(8回目)です。
     5年生は、「みんなでめちゃくちゃ物語」にチャレンジ、
     6年生の即興チームは、2月の発表会に向けて、プログラムを話し合い、
     自分たちで決めた構成でリハーサルしてみました。
     昼休みには、5月から即興に取り組む4年生2クラスと、体育館で「お試し即興」。
     元気いっぱいの子どもたちと出会い、来年度もとても楽しみです。

     

国際トラベル・ホテル・ブライダル専門学校「テーマパーク科」

ワークショップ報告  〜2018年1月16日〜

     千葉市にある『国際トラベル・ホテル・ブライダル専門学校』の、
     「テーマパーク科」の特別授業に呼んでいただきました。
     昨年度開設された新しいクラスで、
     当日は1期生・2期生合わせて17人が参加、2コマ100分の授業でした。
     テーマパークへの就職を目指す学生たちは、とても明るく、人懐っこく、
     初体験のインプロへのチャレンジも、皆、積極的でした。
     このクラスに今後ともぜひ関わっていきたいです。 

          

即興型学習研究会・2017年度第5回

ワークショップ報告  〜2018年1月14日〜

     今回の「即興型学習研究会」は「即興型学習×ディベート」がテーマでした。 
     グラスルーツがこれまで取り組んできた「ディベート」と「インプロ」を融合させる、
     初めての試みです。
     この日のディベートの演題は『動物園の象は幸せか?』
     ディベートに取り組む前に、
     まず午前中は、池亀がめらさんによる「出会いのワーク」「三段論法ワーク」を実施し、
     午後、私がディベートに向けての「即興型学習」ワークを担当しました。
     ねらいは「身体と心を動かして、様々なイマジネーションを膨らませること」
     動物に成り切ってインタビューに答えたり(「ホットシーティング」)、
     幸せな人・不幸せな人・動物園の象・野生の象を主役にした
     身体表現(「アイアム・ア・ツリー」)で遊んだり、
     と、論題に繋がる議論はせずに、即興プログラムでたっぷり(90分)遊びました。
     ディベート経験が豊富な参加者から、
     「今までとは全く違う感覚」だという意見をいただきました。
     「野生の子象に成り切って走り回った経験」があるかないかで、
     ディベートへの取り組み方が変わるというのです。
     「即興型学習」の可能性が、また広がった一日でした。       

>>詳細ページ



     

財団法人ポジティブアースネイチャーズスクール・キャンプリーダー研修 
      2017年度第4回

ワークショップ報告  〜2018年1月11日@神戸/12日@京都〜

     財団法人PENSに集うキャンプリーダー「Gリーダー」たちとのインプロ研修、 
     今年度の4回目は、ゲストパフォーマーとして、りょうちん(即劇遊団あドり部)を迎えて、
     みんなで「即興パフォーマンス」にチャレンジしました。
     パフォーマンスプログラムの中から、ひとり1つ選んでエントリーし、
     全員の前で演じていきます。
     緊張感の中で生まれる即興表現、見守り楽しむ仲間たち。
     大学生たちにとって、新鮮なチャレンジの場になりました。 

         

「improll night」最終回

インプロライブ報告  〜2018年1月8日〜

     2009年7月から2016年3月まで開催した、
     『即響BUNGA〜インプロオープンステージ』の後を受け、
     ここ2年、「Platform」のメンバーと共に創ってきたライブ『improll night』が、
     この日、最終回を迎えました。
     私はいつものように「ソングショー」と「セッションタイム」に出演し、
     その後は「Platform」のパフォーマンスを客席で見守りました。
     来月からは、偶数月は『荻窪インプロパーク』(by インプロパーク/大人のインプロ同好会)、
     奇数月は『improll challenge』(by インプロカンパニーPlatform)というように、
     2つのイベントが交互に行われ、
     10月には毎年恒例の『即響BUNGA・10時間スペシャル』を合同開催します。
     今後も第2月曜日のインプロライブを続けていきますので、
     ぜひ荻窪BUNGAに足をお運びください!!      

>>詳細ページ

一番上へ戻る
このサイト上のイラスト・写真・テキストの無断転載を禁じます。
 Copyright (C) 2010 Impro Park All Rights Reserved.