「賢治先生がやってきた」(新風舎文庫)紹介

2006年11月、「賢治先生がやってきた」新風舎文庫から 自費出版しました。
脚本の他に短編小説を載せています。
収録作品は次のとおりです。
養護学校を舞台に、障害の受け入れをテーマにした 『受容』  (pdf形式)、 生徒たちが醸し出すふしぎな時間感覚を描いた 『百年』  (pdf形式)、 恋の不可能を問いかける 『綾の鼓』  (pdf形式) など、小説三編。
 宮沢賢治が養護学校の先生に、そんな想定の劇 『賢治先生がやってきた』  (pdf形式)、 また生徒たちをざしきぼっこになぞらえた 『ぼくたちはざしきぼっこ』  (pdf形式)、 宮沢賢治が、地球から五十五光年離れた銀河鉄道の駅から望遠鏡で 広島のピカを見るという、原爆を扱った劇 『地球でクラムボンが二度ひかったよ』  (pdf形式)など、 三本の脚本。
『賢治先生がやってきた』と『ぼくたちはざしきぼっこ』は、これまでに、高等養護学校や小学校、中学校、あるいは、 アメリカの日本人学校等で 上演されてきました。一方 『地球でクラムボンが二度ひかったよ』は、内容のむずかしさもあってか なかなか光を当ててもらえなくて、 はがゆい思いでいたのですが、 ようやく08年に北海道の、10年に岡山県の、それぞれ高校の演劇部によって舞台にかけられました。
脚本にとって、舞台化されるというのはたいへん貴重なことではあるのですが、 これら三本の脚本は、 読むだけでも楽しんでいただけるのではないかと思うのです。 脚本を本にする意味は、それにつきるのではないでしょうか。
興味のある方はご購入いただけるとありがたいです。
(同じ題名の脚本でも、文庫本収録のものとホームページで公開しているものでは、 一部異なるところがあります。本に収めるにあたって書き改めたためです。 手を入れた分上演しやすくなったと思います。『地球でクラムボンが二度ひかったよ』は、 出版後さらに少し改稿しました。いまホームページで公開しているものが、それです。)
追伸1
月刊誌「演劇と教育」2007年3月号「本棚」で、この本が紹介されました。
追伸2
2008年1月に出版社が倒産してしまい、本の注文ができなくなっています。 このホームページを見られて、 購入を希望される方は、メールでご連絡ください。
そんな事情で、本の宣伝はこのホームページでしかできませんので、 この欄を設けました。

トップに戻る。